リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
太陽と月と惑星。
少しだけアロマテラピ−と占星術のお話。から、パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』に記されている象徴的オイルと、象徴的オイルを含めたおすすめのブレンドレシピなどをご紹介してきましたが、いかがだったでしょう?

私はこんな感じがしたよー!とか、
書いてあるのと全然違う香りがしたよー!とか、
こういうブレンドが私は好きなのよー♪
などなど、お寄せくださればうれしいです。
(*^▽^*)

牡羊座と【ローズマリー】+ 心のリフレッシュブレンド
牡牛座と【ローズ】+ 最高な香りの贅沢ブレンド
双子座と【バジル】+ たまには「はぁ...」とため息ついてもいいんだよブレンド
蟹座と【ブルーカモミール】+ ほんのりと幸せ気分ブレンド
獅子座と【ジャスミン】+ 太陽の王様ブレンド
乙女座と【ラヴェンダー】+ 愛される香り癒しブレンド
天秤座と【ゼラニウム】+ 秘密の花園ブレンド
蠍座と【パチューリ】+ 凛とした静かなリラックスブレンド
射手座と【ブラックペッパー】+ ここぞというときの気合いだ!ブレンド
山羊座と【ヴェティバー】+ 深く遠くなつかしいような香りブレンド
水瓶座と【ネロリ】+ 花と枝葉と樹木のブレンド
魚座と【メリッサ】+ オレンジ色の夢見る幸せブレンド

ところで、『アロマテラピー占星術』の中に、エッセンシャルオイルは「光合成の産物」であり、オイルは「天敵を排除するため」「受粉する虫をひきつけるため」「病気を治すため」そして「その他我々の理解を超えた目的のため」に「植物が作ったもの」という記述があります。そしてそれは「太陽なしでは起こりえないこと」なのだと。なるほど・・・。太陽のまわりをまわっている地球と、地球に生きるものたち。それって実はものすごい確率らしいです。ヽ(・_・;)ノ なにやら不思議。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:魚座と【メリッサ】+ オレンジ色の夢見る幸せブレンド
今日は第十二回、魚座の象徴的オイル「メリッサ」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、魚座の人々は「流動的な性格」であり「捕らえどころがなく」「非常に感情的」で「気まぐれ」「直感的」。そして「"十二宮の中で最も涙もろい"」のだそうです。また「境界」を作れないため「他人を通じて自分の人生を生きるという傾向を持つ」こともあるようです。その共感的な性質は生まれつきの「役者」であり、2匹の魚が逆方向に泳いでいるように「容易に束縛できない」のだとか。「偉大な理想主義」や「スピリチュアルな向上心」「芸術的発想を深く刺激する」海王星と関係しているそうです。身体的には足首やリンパ系に水分の停滞などの問題が生じることがあるようです。

「最も典型的な水の宮」である魚座と、植物自体も高い割合で水分を含んでいるメリッサ。メリッサは「最も"水っぽいエッセンシャルオイル"」といわれます。そして「メリッサの癒しと和らげる特性はデリケートで落ち込みやすく、自分自身を慰め、癒すことを必要とする魚座には最高の地位を占めている」とのこと。抗うつにも。さらに・・・『本草あるいは一般の植物誌』の著者で16世紀のハーバリスト「ジョン・ジェラードによると"メリッサは心を明るく、楽しくさせ、生命の魂を強くする"」のだそうです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:水瓶座と【ネロリ】+ 花と枝葉と樹木のブレンド
今日は第十一回、水瓶座の象徴的オイル「ネロリ」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、水瓶座の人々は「変わり者であったり、反逆児であったり」・・・「いわゆる天才ということ」なのだそうです!「風に乗り、水を抱く」。新しい考えや新しい技術など「何でも珍しくて奇抜なもの」に惹かれ「時代の一歩先を行く」ことが多く、また「独立心が旺盛」で「自分でしっかりと貯蓄」をし、時には「閉鎖的」。または「マイペースで突飛なユーモアのセンスを持っている」ようです。身体的には、静脈瘤、むくみなど、足首やその部分の血液循環とつながりがあるそうです。支配星は「斬新」で「予想外」で「革命的でさえある」という天王星。

ネロリの「神秘的」な性質は、水瓶座の特徴を表しているそうです。また「精神面を重視しがち」な水瓶座の人々には「自分の体のことを心に留め、それを優しく扱うことが大変重要」であり、ネロリの「繊細」で「優美」な香りは、その助けとなるようです。不眠症にも。あるいは「グラウンディングするオイル」特に「土星と関わりあるオイル」も、やや「"宙に浮いたような"水瓶座」の人々を「自分自身の肉体に結びつけるのに役立つ」そうです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:山羊座と【ヴェティバー】+ 深く遠くなつかしいような香りブレンド
今日は第十回、山羊座の象徴的オイル「ヴェティバー」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、「地の宮の中でも最も深遠」な山羊座の人々は「目標を達成するために労を惜しまず、ひとつの目標から次の目標へと着実に歩みを進める」一方、「非常に大きな予期せず躍動をするかもしれない」のだそうです。支配星を土星に持ち、「伝統」を重んじ「規律」を好み、また「自分の請け負った責任すべて」を「とても真剣に」捉えます。人を守ることにおいても「大変な勇気を発揮」するのだそうです。しかしあまりに多くの責任を背負い、「ごく小さな矛盾点」を「その状況全体からは不釣り合いなほど心配」しかねず、ストレスを抱え込むことになってしまうこともあるようです。

ヴェティバーは「山羊座の地の性質を完璧に反映している」のだそうです。植物の根から抽出され、濃い茶色のオイルは重く土っぽいスモーキーな香りがします。またヴェティバーはリウマチや関節炎の痛みに有効とされ、膝に痛みを持つ山羊座にとって、それは温め、鎮静させるオイルなのだそうです。男性用化粧品としてもよく使用されており、ヴェティバーが採れる香草を栽培している極東の国々では「"静穏なオイル"」としても知られているようです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:射手座と【ブラックペッパー】+ ここぞというときの気合いだ!ブレンド
今日は第九回、射手座の象徴的オイル「ブラックペッパー」です。
*画像等は AEAJアロマテラピー検定テキスト1級より

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、射手座の人々は「探究心が旺盛」で「夢中になりやすい性格」なのだそうです。「真実」を何よりも大切にし、それを「自ら人に伝えたい」と熱心に思う「教師や哲学者の宮」であり、「社交的」で「純粋に他人への感心を抱き」「開放的」で「のびのび」としていて「楽観的」。また「エネルギーに溢れ」「動きが素晴らしく」「たくましい体」をもっている射手座の人たちは「旅する者の宮」でもあるそうです。臀部と大腿部に関係していて、それは旅すること、走ること、前へ向かう動きを暗示しているのだそうです。木星の人。

ブラックペッパーの「シャキッとした刺激的な香り」には素直さがあり、射手座の「情熱的な性格」を表しているそうです。また射手の矢のように「"的に命中するオイル"」は「凝って痛みのある筋肉」であったり「疲れた心」の場合であったり・・・とのこと。ブラックペッパーはスポーツをする射手座の人にはトレーニングや競技の前や後に筋肉を温めたり強壮したりするためのマッサージ用ブレンドとして、旅を続ける射手座の人には時差ぼけや疲れを吹き飛ばし活気を取り戻すのを助けてくれるのだそうです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:蠍座と【パチューリ】+ 凛とした静かなリラックスブレンド
今日は第八回、蠍座の象徴的オイル「パチューリ」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、蠍座の人々は「十二宮全ての中で最も深遠で秘密めいた宮」であるそうです。「強く深い感情を持つ傾向」があり、「それを表現することは苦手」です。そして「深く真剣な態度や信頼を求める彼らの心を満たさないような関係」には足を踏み入れませんが、いったん築かれた関係に対しては「熱心」で「忠実」「かなりのエネルギーを内に蓄え」ているのだそうです。火星と冥王星を支配星に持ちます。しかし蠍座の人たちはたいてい「すぐには助けを求めよう」とせず「我慢できる限りは平然と問題に耐えよう」としてしまうようです。身体的には泌尿器、生殖器、結腸、(男性の場合は)前立腺などと関係があるそうです。

パチューリはアロマテラピーの中で「最も"深い"ベースノートオイル」のひとつで、その深い香りは蠍座の性質に似ているそうです。(ノートとは香りの揮発性のことでブレンドをしたときに香る順番です。トップ→ミドル→ベースの順に揮発していきます。)また、パチュリの原産国である東南アジア諸国では「古くから蛇にかまれたときや毒をもつ虫に刺されたときに手当にパチューリが使われていた」そうですが「まさに"尾に毒針をもつ"宮」・・・とのこと!
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:天秤座と【ゼラニウム】+ 秘密の花園ブレンド
今日は第七回、天秤座の象徴的オイル「ゼラニウム」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、「正義」「公正さ」「バランス」を重要とする天秤座の人々は「他の人の考え方を理解しよう」とし「全ての状況を重んじ」「全ての争いを解決しようと」するのだそうです。「十二宮の中のまとめ役」「調停者」でもあるといいます。また支配星が「金星」の天秤座の人たちは「美しいものを見分ける能力」があり「社交的」で、なにより天秤座の人自身が「最高に魅力的な人々」でもあるようです。しかし「過労」や「精神的に負担がかかり過ぎる」ような場合、「バランス感覚を見失い」それは腎臓や腰に現れてしまうようです。

ゼラニウムは「金星のオイルとしての特徴」を示し、アロマテラピーにおいても「バランスをとる最高のオイル」であるようです。(ホルモン分泌の調整作用があるためさまざまな女性の不調に利用されます。)しかしゼラニウムの香りを苦手とする天秤座には「もうひとつの金星のオイル」であるパルマローザを、と書かれています!天秤座の人たちは「物事の両面を重んじよう」とし、「そして選択し判別しようとする」ので、「自分にふさわしい方を選び、決めること」をまた「楽しめる」そうです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:乙女座と【ラヴェンダー】+ 愛される香り癒しブレンド
今日は第六回、乙女座の象徴的オイル「ラヴェンダー」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、乙女座の人々は「奉仕と労働の宮」であり、また「健康や癒しに最もかかわりのある宮」なのだそうです。ヒーラーを象徴する「キロン」と強くつながりを持つと考える占星術師もいるとのこと。多くの乙女座の人たちは「人を世話する仕事」に携わり「何かに役に立つ」「価値あることをきちんとやっている」と感じることがとても必要なのだそうです。しかし「奉仕」し「慢性的な心配性で過度のストレスを抱えやす」く、働きすぎたり心配しすぎたりしたとき、肝臓、太陽神経叢、下腹部の消化器官にそれが現れてしまうようです。

ラヴェンダーは「水星のハーブ」であり「"ヘルメスの杖を持つ役割における水星"のハーブ」で「乙女座の性質を反映している」そうです。また「極めてヒーリング効果の高いオイル」であり、ラヴェンダーの「鎮静効果、殺菌作用、抗うつ作用」などの「特性」は、乙女座の人自身にとって「心配する傾向を和らげ」、「他の人に奉仕」した結果「疲労した筋肉を鎮静」し、「周りへの奉仕で疲れきってしまわない」ように「安らかな睡眠を促してくれる」のだそうです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:獅子座と【ジャスミン】+ 太陽の王様ブレンド
今日は第五回、獅子座の象徴的オイル「ジャスミン」です。
*画像等は Maggie Tisserand ESSENTIAL OILSより

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、獅子座の人々は「太陽に支配されている」そうです。「注目を浴びることが好き」で「ステージの中央に立つことを好み」ます。また「王者の宮」であり、「政治的指導者」「俳優」「ミュージシャン」「ダンサー」など「パフォーマーの宮」でもあるそうです。趣味や余暇をエンジョイし、またその十分な時間が必要不可欠なのだといいます。「惑星の中心である太陽」と「心臓や動脈の血液循環」とは関連があり、また「"心臓"は感情、特に"ハートの問題"」ともつながっているようです。

ライオンが「百獣の王」であるように、ジャスミンは長い間「オイルの王」と呼ばれてきました。「太陽の香り」を放ち、「暑い地域が原産」であるこの植物は、「北半球では通常太陽が獅子座の位置にあるときに花を咲かせる」のだそうです。獅子座の人が「彼ら自身の太陽に暗雲が立ち込めた」ときに、「陽の光の性質をもたらし、彼らが暗闇から抜け出すのを助けてくれる」そうです。
続きを読む >>
アロマテラピーと占星術:蟹座と【ブルーカモミール】+ ほんのりと幸せ気分ブレンド
今日は第四回、蟹座の象徴的オイル「ブルーカモミール」です。
*画像等は AEAJアロマテラピー検定テキスト1級より

パトリシア・デーヴィスの『アロマテラピー占星術』によると、蟹座は「月」と関係があり、「感情」「無意識」さらに「母性や育児を象徴する」のだそうです。蟹座の人々は通常「とても情緒的」ですが「自分の感情を表現するのが苦手」で「自分の"殻"に閉じこもり」ます。しかし、この「自らを防御するための殻」は「傷つきやすい蟹座の人々が安らかに暮らすため」になくてはならないもののようです。また「心配事をひとりでかかえてしまう」ため「感情に起因する消化器系」にそれが現れてしまうようです。

ブルーカモミールは「育む」オイルであり、蟹座の特徴と共通点を持っているそうです。「心を落ちつかせ」「鎮静化し」「幼い子供にも使えるほど穏やか」です。(カモミールにはローマンとジャーマンのふたつの種類が知られていますが、ハーブティーとしてよく使われているのはこちらのブルーカモミール:ジャーマンです。学名の Matricaria は"子宮"に由来します。)また、ブルーカモミールの青い色は「蟹座の元素である水」と「蟹の生来の住まいである海を思い起こさせる」のだそうです。
続きを読む >>