リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アロマテラピーラフ年末年始のご案内。(・・・と、Punk!) | main | 香りで感じるクリスマス。聖夜の贈り物「ミルラ」 >>
香りで感じるクリスマス。聖夜の贈り物「フランキンセンス」
今日はクリスマスイブ。ツリーやイルミネーション、クリスマスソング。キラキラわくわく♪そんなイブの夜に、今年は香りでクリスマスを感じてみませんか。

クリスマスと香りには、こんな話があります。
イエス・キリストが生まれた時、星の輝きからそれを知り、祝福のために東方から駆けつけた三人の賢者たちは、贈り物として、黄金、乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)を捧げました。黄金は王位の象徴、乳香は祈りの象徴、そして没薬は死の象徴。その中で、イエス・キリストが手にしたのが、フランキンセンスだったといわれているそうです。この賢者の贈り物が、今のクリスマスプレゼントの起源とされているのだとか。

フランキンセンスは、フランス語の「真の香り」という意味に由来します。乳香、またはオリバナムとも呼ばれ、ウッディーで、わずかにレモン的なにおいがあるスパイシーな一度嗅ぐと忘れられない香り。古代から神への捧げものや瞑想、心身の浄化、医療、美容などに使われてきました。
フランキンセンスは、10mほどに成長する木で、樹皮に傷をつけたときに出る樹液から採られる樹脂から精油が抽出されます。乳香という名前から甘い香りを想像しますが、にじみ出る樹液がミルク色なことから名付けられたそうです。

その香りは、瞑想を助ける鎮静作用があり、不安、脅迫観念、緊張、抑うつなどの状態をやわらげるといわれます。また、収斂作用や皮膚細胞促進作用があり、老化した肌に新たな活性を与え、しわやたるみの予防や回復に、皮脂の分泌のバランスをよくするのにも役立つそうです。その効果は乾燥肌や老化肌のスキンケアに適し、クレオパトラも愛用していたといわれています。


■ 香りで感じるクリスマス。聖夜の贈り物「フランキンセンス」
こんなアロマブレンドはいかがでしょう。静かなイブの夜を♪

フランキンセンス ..1滴
サンダルウッド ...1滴
オレンジスィート ...2滴
同じカテゴリーの最新記事
COMMENT