リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オスマントゥス(キンモクセイ)精油、ジャスミンウォーター、センテラオイルなど入荷しました! | main | ジンジャー&エナジーで免疫力アップ!体温アップで恋せよ乙女♪ >>
アンチエイジングの味方...それはマカダミアオイルです!
マカダミアの木はオーストラリアの原産、高さは11mから20mに達するものもあり、クリーム色か淡いピンク色の花を咲かせ、実をつけます。緑色の皮に覆われた仁は非常に堅い茶色の外殻に収まっています。

マカデミアナッツは、お土産のチョコレートの中に入っていたりしますよね。私も大好きなナッツです♪ おいしい♪

学名の ternifolia は、この植物の葉が3枚づつまとまっていることから、integrifolia は、切れ目なくつながっている葉を意味しているそうです。マカダミアオイルは、このマカダミアナッツの実をしぼったオイルです。

マカダミアを食品として摂取すると、悪玉コレステロール値を下げ、また、心筋梗塞や動脈硬化、脳血管の疾患、胃の疾患などの予防にも役立つといわれています。そしてお肌には「アンチエイジングの味方」といわれています。さてさて、それはなぜでしょう?
マカダミアオイルには「パルミトレイン酸」という不飽和脂肪酸が20%以上含まれています。「パルミトレイン酸」は、私たちの皮脂や体内脂肪の重要な成分であり、細胞の再生に大きな役割を果たしているのだそうです。しかし、年齢を重ねると、体内での分泌量が少なくなっていき、この減少が老化と深くかかわっているとされているようです。

さらに、皮膚の細胞の再生に対しても同じような効果を持つことから、荒れた肌やしみ、しわなどに「アンチエイジングの味方」として使われているのです。年齢とともに減っていく「パルミトレイン酸」。中から外からおぎなって、細胞の復活を応援しましょう!

アロマトリートメントでもマカダミアオイルを利用します♪ お肌の状態によってスウィートアーモンドに加えたり、またローズヒップをブレンドしたりもします。肌がやわらかくなるのが分かりますよ♪

■ アンチエイジングの味方...それはマカダミアオイルです!
イランイランとフランキンセンスでアンチエイジングアロマトリートメント(^^

マカダミアオイル ...30ml
イランイラン ...2滴
フランキンセンス ...2滴
オレンジ ...2滴

マカダミアオイルは、バスオイルにしてもよいかもしれません (^^
小さじ1杯くらいのマカダミアオイルに5滴以下の精油を加え、よく混ぜてからお湯に入れます。
よくかき混ぜてから入浴してください。(...その場合はマンダリンやタンジェリンでも)
うっとりオリエンタルな香りですよ〜♪
同じカテゴリーの最新記事
COMMENT