リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Aroma Club「エンジョイ!アロマライフ(8月)講座」のお知らせ | main | Aroma Club「手作り石けん講座(8月)」- 季節のオリジナル石けんは「さっぱりクレイ石けん」です。 >>
泥んこ遊びとお白粉ごっこ。クレイでサラサラボディケア。
梅雨明けとともにモーレツな暑さがっ

私の住んでいる街は、盆地ということもあってか、ものすごい湿気!どよ〜んと昼も夜も朝も不快指数MAXな日々が続いています。(><;

そんなじめじめムシムシには、ホワイトクレイでお白粉ごっこがかかせません!ベビーパウダーのような使い方をしてみてくださいね。>> 汗ばむ季節に、クレイでさらさらボディパウダー♪

そういえば、子供の頃、泥んこ遊びってしましたか?泥のお団子とかつくって(*^^*
泥の中って、ひんやりと気持ちよかったり...なんか落ち着いたりするんですよねぇ。

プラスイオン・マイナスイオンという言葉を耳にしたことあると思います。
イオンとは、電気を帯びた目に見えない微粒子のこと。空気中にはプラスとマイナスのイオンが存在し、森林や滝のそばにはマイナスイオンがいっぱい♪とか。

マイナスイオンには、血液を浄化する働きがあり、酸性化している血液を弱アルカリ性にするそうです。弱アルカリ性の血液は、新陳代謝を活発にし、各細胞の機能を活性化させ、疲労の回復を促進します。一方、血液中にプラスイオンが多いと、細胞の新陳代謝が低下します。それによって酸性体質になり、老化や体の機能低下、免疫力低下を引き起こすといわれています。そして、体内の毒素や老廃物もまたプラスを帯びているそうです。

さて、ここで少し理科の観察実験。クレイには、マグネシウムやカルシウム、鉄分、ナトリウム、亜鉛、アルミニウム等、ミネラル成分が多く含まれています。クレイを顕微鏡で拡大してみると、いくつもの層が重なり合って成り立っているそうです。そしてクレイ分子の表面はマイナスに帯電した状態に。このマイナスに帯電した表面がプラスに帯電した老廃物、重金属などの毒素を引きつけ、さらにクレイ分子中に取り込み、クレイとともに体外へ排出するのだそうです。

クレイパックをすると、すっきり。は、どうやら、こういった働きによるものと考えられます。
もちろん泥んこ遊びの楽しさもありますけれど(*^^*


■ 1日中歩き回った足にひんやり泥パックでフットケア♪

クレイ ...大1
水 ...適量

ペースト状になったクレイを足全体、足指の間にも伸ばしたら、水で洗い流します。
ペパーミント精油を加えるとさらにひんやり♪(精油を加える場合はペースト状になってから)
子供の頃の気持ちを思い出して泥遊び。さっぱりしますよ。


フェイスケアには、クレイファンデーション(パウダータイプ)もお試しくださいね(*^^*


ラフバックナンバー
>> うっかり日焼けには、ラベンダーウォーターとイエロークレイでクールダウン!
>> ティートリーレモンウォーターとグリーンクレイでクレイ湿布♪
>> スペアミントウォーターとホワイトクレイでナチュラル歯磨き粉♪
>> グリーンクレイとペパーミントで夏はさっぱりフットバス♪
>> 汗ばむ季節に、クレイでさらさらボディパウダー♪
>> ローズウォーターとホワイトクレイではじめてのクレイパック♪
>> 夏の疲れにホっと一息。ピンククレイと天然ソルトでアロマバス♪
同じカテゴリーの最新記事
COMMENT