リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 和田文緒先生の「アロマ講座」に行ってきました! | main | Aroma Club「自然素材で手作り♪アロマコスメ(1月)講座」 >>
太陽が蘇る日「一陽来復」。
今日は「冬至」。一年中で昼が最も短く、夜が最も長くなる日。

この日を境に日が段々と長くなることから、太陽が蘇る日「一陽来復(いちようらいふく)」とも呼ばれています。

この日を境に運も上昇するとされ、また、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かうという意味もあるそうです。

さて、冬至といえば、かぼちゃとユズ湯ですね (*^^*
冬至には、「運盛り」といって「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれているそうです。にんじん、だいこん、れんこん...南瓜(なんきん)=かぼちゃ。また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には「一陽来復」への願いも込められているのだそうです。

そしてユズ湯。「冬至の日にユズ湯に入ると風邪をひかない」といわれますが...そう、ユズの精油もありますよ♪

ミカン科のユズ(学名:Citrus junos)は、果皮の圧搾法(または水蒸気蒸留法)で精油を抽出、リモネンやシトラールなどの成分が血行を促進、新陳代謝を活発にするために、身体があたたまるといわれています。肌の保湿などの作用もあるそうです。若返りと美肌の精油ですね♪

ユズのかわりに、ベルガモットレモンに、ヒノキプチグレンシダーウッドなどをブレンドしたアロマバスもおすすめです♪ ちょっぴりハチミツも入れちゃいましょう♪

ちなみに「冬至(とうじ)」には、湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」に、「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という願いが込められているそうです。

本格的に寒くなるのは今からなのだけれど、太陽はもうどんどん蘇っていきます!今日はかぼちゃを食べて、ユズ湯につかって、ほっとひと息...冬を元気に過ごしていきましょう♪
同じカテゴリーの最新記事
COMMENT