リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 幸せのローズガーデンで KNOCKIN' ON YOUR DOOR♪ | main | 【アロマでリラックス】「ビタミンの爆弾」でストレスをやっつけよう! >>
【アロマでリラックス】ピーターラビットとカモミールティ。
なんとなく落ちつかない。。。
疲れているのにぐっすり眠れない。。。

春はいろいろなものが一斉に動き出すとき。
花が咲いたり、新芽が出たり・・・
気温の変化、紫外線、乾燥・・・
私たちの体も、そんな外界からの影響をうけています。

そんなときこそ、アロマでリラックス。
体のちょっとした変化にも耳をかたむけてあげてください。

ハーブティで使われるカモミールジャーマンは、ヨーロッパ南部、近東原産で、草丈60cmほどの1年または2年草で、真正カミツレともいいます。花にはリンゴのような強い芳香があり、カモミールローマン、カモミールジャーマンとも、花からは精油(エッセンシャルオイル)が抽出されます。

子供の頃、いちどは手にしたことがあるのではないでしょうか。イギリスの童話「ピーターラビット」のお話の中でも、お腹を壊したピーターにお母さんが一杯のカモミールティを作ってベッドに運ぶ場面が描かれています。
多くの国で「緑の薬箱」の定番ハーブになっているというカモミール。心身をリラックスさせるとともに、消炎作用があり、ストレスによる胃炎、胃潰瘍、また眠れないときや、お腹の調子が悪いとき、生理痛、冷え性などの症状に用いられるそうです。

やさいしい香りのあたたかいカモミールティは、体と心をあたため、心地よい眠りを誘ってくれます。
牛乳との相性が良いことからミルクティとしてもおいしくいただけますよ♪
鍋に牛乳とティバックを入れ、弱火でじっくりと温めます。沸騰する直前に火から下ろしてください。
ミントティとのブレンドもおいしいです♪ぜひお試しください♪

>>【ゾンネントア】オーガニックハーブティ カモミール
>>【ゾンネントア】オーガニックハーブティ ペパーミント

牛乳に含まれているトリプトファンというアミノ酸は睡眠や鎮静を促す働きがあるセロトニンと呼ばれる物質を体内で合成する際に必要なのです。また牛乳に豊富に含まれているカルシウムは「自然のトランキライザー」(精神安定剤)と呼ばれるように神経を静める働きがあります。ミルクティにすることでハーブの有効成分と相乗効果が期待できるのです。 林 真一郎 編「ベーシック アロマテラピーの事典」より



同じカテゴリーの最新記事
COMMENT