リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バラの形をつくったのはミルキイウェイの...なんです。 | main | 【@SALE!!!】残り僅かとなりました。アロマバスオイル 60%OFF〜!!! >>
ミツロウでつくる♪ガレノスのコールドクリーム。
さてさて、手作りコスメライフ楽しんでいらっしゃいますか?
まずは簡単に、クリームベースにお好きな精油を入れてのオリジナルクリーム。

そして、ブログでもご紹介したホホバオイルローズウォーター乳化ワックスでつくるシンプルローズクリーム。本来、オイルと水分は混ざらないため、乳化剤が必要という話でしたが・・・

では、乳化剤がなかった頃は?

ここでコールドクリームの話です。

コールドクリームというと、現在ではお化粧を落とすときに使うものという印象がありますが、今から1800年ほど前、ガレノス(129〜199年頃)という医学者は、ミツロウを乳化剤として、植物油と水を乳化させてクリームをつくったそうです。肌につけると、水分が蒸発し冷たく感じることからコールドクリームと呼ばれるようになり、これが現在使われているクリームの元祖だということなんです。
ミツロウ(ビーズWAX)は、 蜜蜂から採れる動物性天然ワックス。
保湿性に優れ、リップクリームやハンドクリーム、フェイスクリームなどの基材として使用されます。
毎日肌につかうクリームだからこそ、手作りで少しずつ♪


■ ガレノスのコールドクリームの作り方

キャリアオイル ...大さじ1
ミツロウ(ビーズWAX) ...4g
精製水またはアロマウォーター ...大さじ1
精油 ...5滴

1) キャリアオイルとミツロウを湯煎にかける。
2) ミツロウが溶けたら、精製水またはアロマウォーターを少しずつ加え、泡立て器などで強く撹拌しながら混ぜていく。
3) 全部混ざったら、火から下ろし、精油を加える。
4) 引き続き、混ぜながら冷ましていきます。だんだんとクリーム状に固まって出来上がり♪
*20分くらいしっかりしっかり混ぜてくださいね。がんばって!(*^▽^*)
同じカテゴリーの最新記事