リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【イーコンセプション】アロマウォーターは100%天然のこだわり。保存剤は入っていません! | main | 「あかりを消して、大切なものをみつけよう」と「100万人のキャンドルナイト」とラフのキャンドルキャンペーン♪ >>
アロマウォーターでスっと香る若返りローション♪
アロエベラジェルでつくる若返りジェル!?で、若返りといえば「ハンガリー王妃の水(ハンガリアンウォーター)」のエピソードが有名...と書いたのですが、今日はそのお話を少し。

中世ヨーロッパでは、当時、教会や修道院を中心に「僧院医学」と呼ばれる薬草中心の医学が行われていたそうです。

修道院では薬草を栽培し、医薬品や薬草酒、香水(手を洗うためや医療用として使用)などをつくっていました。

そんな時代・・・
14世紀のハンガリーの王妃エリザベート1世は、若くして夫をなくし、ハンガリーの君主として、長きにわたり国を治めていたのですが、晩年近くなり、手足が痛む病気にかかり、政治もままならなくなってしまいました。これを気の毒に思った修道院の僧は、ローズマリーなどを主体としてつくった痛み止め薬を献上したところ、彼女の状態がみるみるとよくなりました。そして化粧水として使ったところ美しさもよみがえり、70歳を越えた彼女は隣国ポーランドの40代の王子に求愛されたのです!この痛み止め薬は後に「若返りの水」と評判になり、今に伝えられています。
いかがですか?ローズマリー精油には収斂作用があり、お肌を引き締める効果があるといわれています。 また、血液循環を促進する作用、発汗作用、利尿作用、鎮痛作用などもあり、老廃物の排出を促し、筋肉痛、痛風、リウマチ、頭痛、セリュライトなどにもよいようです。でも、なにより、スっとした香りが気持ちよい!

では、精油とアロマウォーターをつかってハンガリアンウォーターをつくってみましょう♪
ローズとネロリのアロマウォーターを加えることで、ほんとうにステキな香りのローションができあがります♪このレシピはとても人気がありましたよ♪ぜひぜひお試しくださいね♪

■ アロマウォーターでスっと香る若返りローション♪

ローズマリー ...3滴
オレンジ ...1滴
レモン ...1滴
ネロリウォーター ...5ml
ローズウォーター ...5ml
無水エタノール ...5ml
精製水 ...80ml

1) 容器に無水エタノールを入れ、精油を加えて混ぜます。
2) アロマウォーター、精製水を加えます。よく振ってください。

*柑橘系の精油は、日光に当たるとしみ、色素沈着、発疹などの原因になる可能性がある成分が含まれています。塗布後、すぐに日光に当たらないように注意してください。
*夏場は涼しい場所に保管し、2週間以内に使い切るようにしてください。
*お肌に合わない場合は使用を中止してください。(まずパッチテストをしてください!)
同じカテゴリーの最新記事
COMMENT