リラックス&フィール。アロマテラピーラフ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【PRIMAVERA】オーガニックアロマコスメ ボディケアプログラムのすすめ♪ | main | 【ご案内】シェ・モナミ新講座「精油物語」今回はインフルエンザの予防にも!ラベンサラ精油の効果的な使い方と、風邪予防グッズつくりです。 >>
だいだいとオリーブオイルと納豆と私、もしくはオレンジとネロリとブチグレインと私(^^
先日、「おいしくてほんとに感動した♪」と、ある「麺」と「ドレッシング」のお裾分けをもらったのです。ドレッシングは、もちろんサラダにかけてもいいけど「麺」にかけたら超絶品!ということで・・・麺にドレッシング!?

香川県「小豆島手延めん」の「庄八麺」と「オリーブドレッシング」。オリーブドレッシングは、オリーブとだいだいが香ります♪ >>"そうめん"は小豆島四代目庄八。「小豆島手延めん」

これがほんとにおいしくて♪庄八麺は、その日のうちに食べちゃったので、翌日は自宅にあったうどんに、納豆としめじ、バジルでトッピング、オリーブドレッシングをかけてアツアツをいただきました♪これほんとにイケますよ♪オリーブオイルといっても、さっぱり。だいだい、ゆずの風味が際立って、ほんとうによい香りでした♪

ところで、だいだい。漢字では代々とも書きますね。
このだいだいの精油・・・も、ありますよ。精油では「オレンジビター」といいます。
オレンジの精油には「オレンジスウィート(Citrus sinensis)」と「オレンジビター(Citrus aurantium)」の2種類があります。どちらのオレンジオイルも副交感神経を活性化し、緊張とストレスを払い去るリラックス効果があるといわれています。

一般的に「オレンジ」として、よく使われている精油は「オレンジスウィート(Citrus sinensis」です。甘くあたたかい太陽の香りですよね。「オレンジビター」のほうがやや酸味の強い香り。(ラフで現在、お取り扱いさせていただいているのも「オレンジスウィート」です。「オレンジビター」はお取り寄せになります)

さてその「オレンジビター(Citrus aurantium)」が成るの木からは、3つの精油が抽出されます。まず、果実から「オレンジビター」、花から「ネロリ」、葉っぱから「プチグレイン」です。

なんといっても「ネロリ」の不思議な香りは魅力的♪だけど高価だし・・・。「オレンジスウィート」や「オレンジビター」は光毒性に気をつけて・・・。「プチグレイン」はちょっとウッディーかな・・・。精油の特性や、用途、シチュエーションを考えながら、香りもチョイス♪

・・・でも、そのとき「よい香りだな♪」と思った精油が、今のあなたに必要な香り、だと思います♪

ちなみに「バジル」の精油もあります(^^
沈静化、強壮作用があり、伝統的に呼吸器系の病気に効果があるといわれています。元気の回復にも!

私たちは、植物の果実や香りを、いろいろなところで利用しています♪
まわりを見渡してみると、いろいろなところでいろいろな香りに出会っていますよ♪

・・・という訳で、なんか「よい香り」と思ったものは、すかさず裏面の原材料(香料)などをチェックする習慣ががついてしまいました。なんかアヤしい・・・私(^^;
同じカテゴリーの最新記事
COMMENT